Character Encoding

日本語エンコードを自動化できます。
で、使うときの設定

  • web.xml の設定
    <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
    
    <!DOCTYPE web-app
      PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
      "http://java.sun.com/j2ee/dtds/web-app_2_3.dtd">
    
    <web-app>
    
    	<!-- Example filter to set character encoding on each request -->
    	<filter>
    		<filter-name>Set Character Encoding</filter-name>
    		<filter-class>filters.SetCharacterEncodingFilter</filter-class>
    		<init-param>
    			<param-name>encoding</param-name> 
    			<param-value>Shift_JIS</param-value>  
    		</init-param>  
    	</filter>  
    	<filter-mapping>   
    		<filter-name>Set Character Encoding</filter-name> 
    		<url-pattern>/*</url-pattern>   
    	</filter-mapping>
    
      <!-- Standard Action Servlet Configuration (with debugging) -->
      <servlet>
        <servlet-name>action</servlet-name>
    〜
    〜
    
    

    と、こんな感じ。

記述場所を間違えるとうまく動かない。(<web-app>直後に記述*1

DTDのバージョンに注意(デフォルトは2.2なので2.3に変更しなくてはいけない)



  • 今の時代では
    <param-value>Shift_JIS</param-value>
    <param-value>Windows-31J</param-value>
    とすれば、Windows上では特殊文字もばっちりですね。 --2003/11

gZip


*1 詳しくはweb.xml要素リファレンスでも見てください

添付ファイル: fileSetCharacterEncodingFilter.java 430件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 16:01:32 (228d)