WinCVS --覚書状態

はじめに

WinCVS CVS に関しての覚書&布教活動です。

必要なもの&環境

Windows環境お好きにどうぞ…
WinCVSごった煮版最近web上で見つからないので添付…↓


何がどうなるの?

CVS を導入すると何が良い?悪い?

開発者側

  • メリット
    • ローカル開発環境に存在するソースはあくまでコピーなので安心
    • 編集したソースを Commit する際に他の開発者が同じソースをいじっていた場合、CVSが回避可能であれば自動でマージ、不可能であれば衝突を警告してくれるので安心
    • 共通クラスなどが突如変更になった場合、ローカル開発環境の環境を再設定するのに check out 一発で CVS サーバの状態とまったく同じになるので気にしなくて良く安心
    • 開発途中に突如プロジェクト参加・・・って事になった場合も CVS で管理されていたら check out 一発でそのプロジェクトの環境になるので参加がスムーズで気後れする必要がなく安心*1
  • デメリット
    • 得に感じない・・・
    • あえて言うなら、WinCVSを入れなくちゃいけない*2・・・WinCVSの概念やら操作を覚える必要がある・・・*3

管理者側*4

  • メリット
    • 開発者がCommitするたびに差分で管理されていくのでデグレードなんかおきた場合にちょっと前のソースを・・・なんて事も簡単確実に出来て安心
    • 開発中ソースの管理は CVS サーバがやってくれるので気にする必要が無く安心
    • sambaなどで直接ファイルを編集されるわけではないので、誰かが間違って大事なソースを削除してしまった!!なんてことも無く安心*5
    • 誰かが途中参加するって場合でも、CVS で管理していたら check out 一発でそのプロジェクトの環境になるので「check out しといて」と一言声かけるだけで済むので安心*6
  • デメリット
    • CVSサーバがいる*7
    • CVSサーバの構築?が必要*8
    • CVSサーバの構築?が出来る人がいない*9

使い方


備考

参考リンク


その他の情報


*1 根本的な開発環境は別の話です
*2 dekuyouのマシンでメモリ9800KBほどですが・・・そら一応メモリ食う
*3 自力でソースのバージョン管理をやるほうが確実につらいですが・・・
*4 管理者側ってのは WinCVS では無いですが・・・
*5 開発者はあくまでローカルにコピーされてきたソースを見ている
*6 根本的な開発環境はやっぱり別の話です
*7 これはプロジェクト単位でやるのか、会社単位でやるのかを考える必要がある
*8 プロジェクト単位で構築が必要ならばそれだけ工数が必要となる。会社単位ならプロジェクトからの工数捻出は抑えれるが通年で管理者が必要となる。
*9 養成の必要があると思う

添付ファイル: filewincvs120-sjis_gottani.20010601.bin.lzh 685件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 16:01:32 (48d)