Linux/FedoraCore1

Postfix

OP25B対策

利用プロバイダに Outbound Port 25 Blocking が適用されたようで、メール送信ができなくなってしまいました。

対策としては、プロバイダのSMTPホストを中継してメール送信をします。

# vi /etc/postfix/main.cf

relayhost = [プロバイダのSMTPホスト名]

# /usr/sbin/postfix reload

root宛てメールの転送

/etc/postfix/aliases

# Person who should get root's mail.  This alias
# must exist.
# CHANGE THIS LINE to an account of a HUMAN
root:          postfix

を設定。
これでroot宛のメールはすべてpostfixユーザのメールボックスに届きます。

# postalias /etc/postfix/aliases

で設定反映


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 16:01:32 (81d)