IlohaMail? 0.8.14-RC3

よいところ

  • 軽い。とにかく軽い。
    これを使ったらSquirrelMail?なんて使ってられないって位かるい。
  • 設定が簡単
    特に動き出すまでにしなくてはいけない設定がない。

わるいところ

  • 文字が化ける
    Subject:から添付ファイルまで化けに化ける
  • 機能が少ない。
    フィルタがないとかスレッド表示がないとか・・・*1

修正ポイント

  • いろいろと不具合があるので修正する。

バージョン

ログイン画面のバージョンが

0.8.14-RC2

になっている。

iloha/include/version.inc

<?php
$version = "0.8.14";
$v_stat = "RC2";
?>
<?php
$version = "0.8.14";
$v_stat = "RC3";
?>

に修正

Subjectにへんなスペースが入る

iloha/lang/common.inc
71行目 LangDecodeSubject?() に手を加える

function LangDecodeSubject($input, $charset){
        $out = "";
        //echo "Received: $input <br>\n";
        $pos = strpos($input, "=?");
        if ($pos !== false){
                $out = substr($input, 0, $pos);

                $out = str_replace(" ", "", $out);      // 追加 SPACEを削除
                $out = str_replace("\t", "", $out);     // 追加 TABを削除
                $out = str_replace("\r\n", "", $out);   // 追加 CRLFを削除
                $out = str_replace("\n", "", $out);     // 追加 LFを削除

                $end_cs_pos = strpos($input, "?", $pos+2);
                $end_en_pos = strpos($input, "?", $end_cs_pos+1);
                $end_pos = strpos($input, "?=", $end_en_pos+1); 

                $encstr = substr($input, $pos+2, ($end_pos-$pos-2));
                //echo "encstr: $encstr <br>\n";
                $rest = substr($input, $end_pos+2);
                //echo "rest: $rest <br>\n";
                $out.=LangDecodeMimeString($encstr, $charset);
                $out.=LangDecodeSubject($rest, $charset);
                //echo "returning: $out <br>\n";
                return $out;
        }else{
                return LangConvert($input, $charset, $charset);
        }
}

ただし、これはこれで問題が残る。
Subject:がASCIIも含めすべてISO-2022-JPにエンコードされている場合は問題ないが

Subject: =?ISO-2022-JP?B?MjAwN〜〜〜

Subject:先頭に「Re: 」などがある場合、この部分はエンコードされないことがある。

Subject: Re: =?ISO-2022-JP?B?MjAwN〜〜〜

こうなると

Re: ほげほげ

となるはずが

Re:ほげほげ

となってしまう。

Subjectの文字化け

一部のSubjectが文字化けることがある。
これは iloha/lang/jp/jcode.inc を最新化すると直る。
http://www.spencernetwork.org/
のものを利用しているらしい。

メニューの「漢字コード変換」においてある、jcode_XXX.zip をダウンロード なかみの jcode.php を jcode.inc に直して利用。

添付ファイル

http://homepage1.nifty.com/yito/anhttpd/faq/webmail.html

参照


*1 0.9で実装されている

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 16:01:32 (48d)